読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始は楽しい

年末年始二日目。全部の時間を自分のためだけに過ごす日。わーい。

今日は行きたいとずっと思っていたところに行きました。

 

f:id:uda-uda:20161230195734j:plain

冬のクリームソーダ。

札幌に住んでいる人ならみんな知っているはずの大通駅改札すぐ横すぎるあの喫茶店に行ってみました。待ち合わせをしている人たちをがっつり見られるので張り込み気分でお茶ができました。

 

f:id:uda-uda:20161230195813j:plain

そのあとに2年ぶりくらいに名曲喫茶に行きました。第九を期待して行ったけど、昼くらいだったのでまだかかっていなかったです。ここの良いスピーカーでV6聴きたいなーとひそかに思っています。

 

f:id:uda-uda:20161230195847j:plain

そしてホットチョコレート飲みたさに六花亭さまに行きました。

今月のピザがかきとほうれん草だったので、ホットチョコレートとのバランスを考えず本能のままに頼みました。おいしかったです。

 

f:id:uda-uda:20161230204956j:plain

そしておうちに帰ってふるさと納税したチーズを食べました。フライパンで少し焼いてごはんにのっける庶民派スタイルです。夕飯はごはんとみそ汁とチーズです。

 

 ***

 

ただの絵日記になりましたけど絵日記なので何のオチもないです。

今年は本当にただ生きていただけなので来年はもっとがんばりたいです。20歳ころのバイトが夜遅く終わる仕事だったのでわりとよくタクシーに乗って帰っていたのですが、そのときに運転手さんにいろんな話を聞けて、その一人が「若いころに司法書士事務所に勤めていたけど事務所が無くなってとりあえずタクシーの運転手をして食いつなごうと思ったら今もそのまま」という話をしていて、地味に今もその話の呪いにかかっている自分です。いつも思い出すこの話。生きた感想すぎてこわかった。たぶんわたしも今「もういいや」と思ったらおじさんと同じに簡単になりそうでこわいなあといつも思います。おじさんは「あのときもっとがんばっていたらよかったなあと思うよ。だからがんばってね」と言っていたけど、あのときのおじさん元気ですか。名前覚えておけばよかった。それにしても20歳の女の子にする話にしては重いな。本音すぎてありがたかったけども。今も呪いにかかっているし。

広告を非表示にする